Jun 11, 2016

雨の日に味わいたいもとえ珈琲のエチオピア〔のみくらべ、定期便〕

もとえ珈琲のエチオピア

エチオピア・イルガチェフェ・ゴティティ・ナチュラル

by もとえ珈琲

[のみくらべ、定期便]

6月号・2016

雨の日にエチオピアを味わう

[のみくらべ、定期便]6月号・2016

今月のテーマは「雨の日にエチオピアを味わう」です。

梅雨の時期は自宅でのんびりコーヒーでも淹れて楽しみましょ、
という回にあえてしてみました。

エチオピアと一言でいっても、味や香りはまったく違うものになります。
ぜひぜひ飲み比べしてみてください。

今回ご紹介する《其の一》のコーヒーは、
神奈川県の元住吉にあるもとえ珈琲の
「エチオピア・イルガチェフェ・ゴティティ・ナチュラル」です。

アフリカに位置するエチオピア
コーヒーの原産地として有名な国ですね。

イルガチェフェ=地区の名前
ゴティティ=精製工場の名前
※コーヒー豆もお米と同じように現地で精製されてから日本に届きます。
ナチュラル=精製方法の名前

イルガチェフェという地区の中の
ゴティティという精製工場で
ナチュラルという精製方法で処理されたコーヒーということになります。

肝心な味は、ひとことでいうとフルーティーなコーヒーです。
いちごっぽいようなベリーな印象です。

コーヒー豆の袋を開けたときから感じます。
粉にひくともっと香りを感じます。
一瞬コーヒーらしくないくらいです。

初めて飲む方は少し驚くかもしれません。
こんなコーヒーもあるのか〜と。

間違えても人工的な香料を使ったフレーバーコーヒーではないですよ。

もとえ珈琲
「エチオピア・イルガチェフェ・ゴティティ・ナチュラル」


[のみくらべ、定期便]6月号・2016(第5号)

◆雨の日にエチオピアを味わう◆

6月。梅雨シーズン到来です。

コーヒーとじっくり向き合ってみる。

そんな雨の休日も

たまにはいいかもしれません。

今回のセレクトはエチオピア

コーヒーの原産地でもあり

とてもユニークな産地のひとつです。

同じ国で収穫されても

味も香りもまったく違うコーヒーたち。

新しいエチオピアをぜひ見つけてみてください。

オーダー締切:2016年6月19日(日)
発送予定日 :2016年6月26日(日)

※誠に勝手ながら、今号は第3週の発送となっております。

▼詳細とお申込みはこちらから
のみくらべ、定期便

 


関連記事